Menu

Eventos

​イベント等

日本全国年中様々なメキシコと関連するイベントが行っています。

こちらのスペースでご紹介します。

​是非ご参加ください。

 

2017年 グランドニッコー東京 台場 メキシコフェア開催 9月1日(金)~10月20日(金)

January 01, 2020

■ガーデン ダイニング(ブッフェレストラン)
・メニュー: メキシコ料理(ブッフェ)
 エンチラーダス ロハス デ ポヨ
 カルネアサーダ
 メキシコ風ミートボール
 白身魚のベラクルス風
 メキシカンカクテル

 ※カクテルは各¥1,200
・期間:9月1日(金)~10月20日(金)
・金額:
ランチブッフェ  平日¥2,600 土日祝¥3,300
ディナーブッフェ 平日¥4,200 土日祝¥4,700
※表示金額は税・サービス料別の料金です。
・時間:
ランチブッフェ  11:30~15:00
ディナーブッフェ  17:30~21:30(平日) 17:00~21:30(土日祝)
・ご予約/お問い合わせ: Tel:03-5500-6600

■ロビーカフェ「ル・ブーケ」
・メニュー: タコス
・期間:9月1日(金)~10月20日(金)
・時間: 11:00~19:00
・ご予約/お問い合わせ: Tel 03-5500-6604

★「マリアッチ・アガベ」によるメキシコ民族音楽演奏について
・期間:9月16日(土)~9月18日(月)3日間
・場所:ガーデン ダイニング店舗内
・時間:19:30~20:00
・内容:メキシコ中央高原のハリスコ州から発祥したメキシコを代表する民族音楽の楽団マリアッチ。州都グアダラハラからやって来る「マリアッチ・アガベ」が、トランペット、ギタロン(大型ギターでベースの役)、アコーディオンなどの楽器を使って、明るく楽しい歌声で、ラテンの雰囲気を満喫いただきます。
【グランドニッコー東京 台場の施設概要】
所 在 地: 東京都港区台場2丁目6-1
敷地面積: 20,870m2 (6,313坪)
ホテル: 地下3階 地上30階
延床面積: 123,775m2 (37,507坪)
施設構成: 客室数882室、宴会場17室、レストラン・バー9ケ所、ウエディングチャペル2ケ所
神殿、フィットネスクラブ、屋外プール、エステ、ギャラリー、他
アクセス: 新交通ゆりかもめ 台場駅に直結 / りんかい線東京テレポート駅 徒歩約10分
電話番号  : 03-5500-6711(代表)

2017年 横浜ロイヤルパークホテル メキシコフェア 9月1日(金)~30日(土)

【開業24周年記念・9月】メキシカンスカイブッフェ

「シリウス」がメキシコの美食空間へ。バラエティ豊かなメキシコ料理をブッフェで存分にお楽しみください。

店舗...
70F スカイラウンジ「シリウス」
期間
9月1日~30日

※9月1日(金)は貸切のため、ランチは12:00より営業いたします。
メキシコのビーチリゾート「カンクン」の「グランド・フィエスタ・アメリカーナ・コーラルビーチ・カンクン・リゾート&スパ」よりシェフ2人を招聘します。
※シェフの滞在期間は、9月1日~10日です。

総料理長 Mr.Sergio Zarate Dosal
ホテル内レストランViña del mar( ビニャ・デル・マール)料理長 Mr.José Baltazar Flores

2017年 メキシコ料理ワークショップセミナー(第2回)

September 03, 2017

今年から毎日二便、アエロメヒコとANA航空が運航し、メキシコと日本はさらに交流が深まりつつあります。

 

2010年にユネスコ世界無形文化遺産として登録されたメキシコ伝統料理は世界中で愛されています。

 

日本でメキシコ料理レストランの味が確実に上がっています。 全国に約300ものメキシコ料理レストランがあり、次から次へと新店舗がオープンしています。

 

この度、日本で料理ビジネスに携わる方々を対象として、日本のメキシコ料理界やラテンアメリカ各国料理のスペシャリストシェフや本場の味を活かして忘れられない一口を生み出しているメキシコ大使館シェフが二回にわたってメキシコ料理への新アプローチお届けします。 

 

今回はシリーズ第2回として「メキシコ料理本場の味と色彩」というテーマについて、ビクトル・バスケスメキシコ大使館公邸シェフ お招きしワークショップを開催致します。

 

皆様ぜひともお誘い合わせの上、ご出席くださいますようご案内申し上げます

ビクトルバスケス 

1984年メキシコシティ出身

メキシコ大使館公邸シェフ 

創造的で革新的、チャレンジ精神旺盛で、料理関連の様々な経験を持ち、習熟したシェフ。

Centro Tecnológico en Turismoで料理の学位を取得後、ホテルシェフや弁護士事務所の食堂シェフ、ケータリング会社オーナー、連邦法制局の食堂とイベントマネージャー、レストランMAXIMO BISTROの冷静料理担当を務める。20153月からはメキシコ大使館公邸シェフとして、公式行事の企画・組織を行う。日本でメキシコ料理を広めるため、ラジオ、雑誌、テレビ等のメディアに積極的に出演している

2017年 メキシコ料理ワークショップセミナー(第1回)

June 18, 2017

今年から毎日二便、アエロメヒコとANA航空が運航し、メキシコと日本はさらに交流が深まりつつあります。

 

2010年にユネスコ世界無形文化遺産として登録されたメキシコ伝統料理は世界中で愛されています。

 

日本でメキシコ料理レストランの味が確実に上がっています。 全国に約300ものメキシコ料理レストランがあり、次から次へと新店舗がオープンしています。

 

この度、日本で料理ビジネスに携わる方々を対象として、日本のメキシコ料理界やラテンアメリカ各国料理のスペシャリストシェフや本場の味を活かして忘れられない一口を生み出しているメキシコ大使館シェフが二回にわたってメキシコ料理への新アプローチお届けします。 

 

今回はシリーズ第1回として「メキシコ料理~マヤの恵~」というテーマについて、TORO TOKYO エグゼクティブシェフ小河 英雄様をお招きしワークショップを開催致します。

 

皆様ぜひともお誘い合わせの上、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

小河 英雄  

1970年東京都三鷹市出身

料理人を志し、フランス・イタリア料理を学ぶ。その後は枠にとらわれない斬新な料理に惹かれテックスメックス業態を持つレストラン会社に入社し研鑽を積み、当時メキシコ大使館観光局のアンコナ氏の計らいでメキシコ料理を日本に伝える為にユカタン半島メリダのレストラン5店舗で修行をし、 メキシコの文化やセヴィーチェ、食材の使い方を学び帰国する。29歳でメキシコ料理を中心とした8店舗の統括責任者兼総料理長に就任。

㈱ミールワークスが14年12月にラテンレストラン「TORO TOKYO」を開業するにあたり同社へ入社し、以後エグゼクティブシェフを務める。 現在は店舗のみならず、20カ国ほどの在日中南米大使館でのイベント・ケータリングなどでも活躍し、日本のお客様へ各国の食文化を伝えている。

Please reload

©MEXICOENJAPON. ALL RIGHTS RESERVED.